福岡の医学部予備校ならPMDで決まり!

福岡のPDMは、少人数制の授業を採用

医学部専門予備校のPMDをご存知でしょうか : 福岡のPDMは、少人数制の授業を採用 : PMDには毎年8月と12月に保護者面談を行っています

だったら多少費用は掛かっても一発合格を果たした方が、精神的にも経済的にもメリットがあるという訳ですよね。
福岡のPDMは、少人数制の授業を採用していて、生徒のひとりひとりが基礎をしっかり固めて実戦問題に向かい合うことが出来るよう丁寧に指導をします。
その特筆すべき特徴は、何と言っても授業時間の多さにあります。
例えば私立コ−スなら、年間に何と1520時間もの授業をこなすことになるのです。
授業は少数のゼミ形式で行われますから、生徒は勉強のリズムを確立することが出来るという訳です。
何においてもリズムは大切ですよね。
毎日の規則正しい生活リズムが健康な身体を作るように、いったん勉強のリズムをモノにすることに成功すれば、波に乗って受験当日まで一気に突っ走ることだって可能になりそうです。
さて、リズムを身につけたとしても実戦で役に立たなければ何の意味もありません。
PDMでは授業で習ったことを確実に自分のものにするために、定期テストや実力テスト、模試等の度重なるテストを行います。
そして、そのうえ目指す大学の過去問題ともなると何十回ものテストをこなすことになるのです。
授業で得た知識をそのままにしておくのではなく、テストという演習を繰り返し行うことによって確実に問題が解けるようにするためです。
問題が解けるようになったら、それは大きな自信にも繋がりますよね。
PDMは自習室も充実しています。
毎日夜の22時まで開放しており、曜日によっては質問受付だけでなく、補習授業が行われることもあります。
通常の授業で理解出来なかったところをわからないままにしてくのではなく、すぐに質問して理解することで着実に力をつけることが可能になります。
プロの講師陣の授業を普通の予備校よりも多く受けられるだけでなく、優秀なスタッフを揃えているということも付け加えておきましょう。
確かに講師陣は受験勉強のノウハウや合格するために偏差値を上げるサポ−トを行いますが、例えば精神的な支えにもなってくれるのがスタッフの存在です。
誰だって長丁場の受験期間の間には、躓くことだってありますよね。
スランプに陥ることがあっても普通のことです。

今だいたい2019/7/9 13:04:27 2015私大医学部入試問題集3: 大阪医科・関西医科・兵庫医科・愛知医科・福岡・久留米・聖マリアンナ・東京女子医科 インテグラシリーズ 540円~ 医学部予備校インテグラ 新評論 https://t.co/W2cHO95mSq

— BOOKウォント! (@adeleabab) 2019年7月9日